+プロフィール

ポリン

Author:ポリン
ポケモン☆チャンネルの黒歴史かんばん男といえば
俺、ポリンことポリゴンのこと!

+最近の記事

質問 やまおとこ と 阿部高和 どっちかとデートをしなければいけません どっちを選ぶ?
うほ いいやまおとこ!
うほ いい阿部高和!
男に興味ありません><
( ^ω^)

コメント



- レンタルサーバー -

+最近のコメント

+最近のトラックバック

+月別アーカイブ

+FC2カウンター

+カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
あー忌々しいいろいろいろいろ忌々(ry
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --.--.-- --
ポケットモンスター Electronic Brain World
[第1EBW 咆哮]
《PORIGON SIDE》
ポリゴン「ここは・・・どこ?
       ボクは・・・・だれ・・・ポリ?」
研究員A 「おお!動いてるぞ!みろっ」
研究員B 「あっ・・・確かに動いてる!
     やっと・・・完成したぞ!」
研究員A&B「プログラムで作られたポケモン・・・ポリゴンだ!」

ポリゴン「ポリゴン? ボクの名前?
    ポリゴンって何ポリ?誰ポリ?ボクは・・・誰なんだポリ!」
―ビビビビビッ
爆発キケン 爆発キケン

この離島で、二人の男によって作られたポケモン、ポリゴン。
まだ彼は、自分のことを理解していない。
自分が何でつくられていて、何のために生まれたのか―知らない。
元々精神年齢がヒトの青年と同じ程度になるよう
プログラムが組まれているんだ、彼は。

もし、育ち盛りのヒトの青年が
急に名前を忘れ、全ての知識を忘れ、生きる意味を忘れたら・・・

ポリゴンは今、その境遇に置かれているのだ。
当然、暴走するであろう。

研究員A&B「なっ・・・なんだ!?
     爆発プログラムなんて仕掛けてなかったはずじゃ・・」

ポリゴン「ボクは・・・ボクハ・・・ボクハァァァアアァ」

ポリゴンのサイコキネシス。
まるで蜃気楼のように、空間が歪んで見える。
研究器具が爆発、大破する。
―もう、ダメだ。 研究員二人は確信した。
 ポリゴンをとめることは・・・出来ない と。

島の一角にあった研究所の面影は、ない。
完全に・・・消えたみたいだ。

ポリゴン「・・・ボクは、何なんだポリ。
     何で・・・力があるんだポリ。
     どうして・・・ここにいるんだポリ・・・?」

ポリゴンは考えることをやめた。
とりあえず、この島を出、他のところへいこう。
おんなじ仲間も・・・いるかもしれないし。

旅立ったポリンとポリゴン。
彼ら一人と一匹がどう関わってくるのか・・・
[第1EBW 咆哮 糸冬 了]
スポンサーサイト
 2006.11.17 Fri
  c:0   t:0   [読み物]














管理者にだけ表示を許可する

http://porigonta.blog76.fc2.com/tb.php/24-0cb3b9f2
無題1| HOME | 【新読み物】ポケットモンスター Electronic Brain World 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。